遠慮のかたまり

「帰る方向、一緒だから乗せて行ってよ」
と、そういうしょうもないことを頼む勇気のない自分がつくづく嫌になる(^^;
厚かましい、図々しいと思われないかと変なところで遠慮してしまうのだ。

帰りの電車賃がもったいないとかそういうことより、なんでその一言が言えないかとウジウジしてしまうのである。そのようなシャイで臆病でウルトラ気の弱いわたしなのだが、世の中には驚いたことにわたしよりもウルトラ気の弱い人たちが一定数存在していて、そういう人たちはわたしのことを、傲慢でデリカシーがなく、厚かましくて自信家で横暴で厚顔無恥な暴君みたいに思ってるようなのだ。

とんでもございません!

たしかにわたしよりもシャイな人を見つけて、ここで遠慮してたらこの人損するかなぁ〜と
いうような局面には、わたしが率先してねじ込んでしまうことがある。もちろんそれが誰の迷惑にもならないことが前提だが、このくらいのことならちょっと勇気を出せばすむ話と思えば、何も迷うことはない。
他人のためと思えば躊躇しないのに、利益を得るのが自分だけと思うと遠慮のかたまりのようになってしまう。モジモジしちゃって全然ダメなのである( ̄▽ ̄;


« 歳をわきまえよう | メイン | 老いても新しいことをやってみたい »