歳をわきまえよう

 明るく積極的で、前向きな若い人たちと付き合える機会が増えて本当にありがたい。こちらまで気分が華やぐし、ヨーシ俺もいっちょうやってやるぞ!という気持ちになる。
 だが、調子に乗って自分よりひと回り以上も年下の人たちと仲間のような気でいたら、
「なんだこのおっさん?」と煙たがられるから注意が必要だ。同年代のつもりで口を挟んでしまうのだが、やっぱり感覚が古いのである。最初は面白がって相手にしてくれるが、いかんせん世代が違うのだけはどうにもならない。わかっちゃいるけどつい若いつもりになっているのだ。ご無礼赦されよ。
 わたしが若い人にしてやれるのは戦争の話だけ…ってそこまで年寄りじゃないけどな!(^^;


« 世界一良い音を聴いてるのは誰だ | メイン | 遠慮のかたまり »