デジタルアキュライザーのトレモロ表現にのけ反る

 今日もホレス・シルバーをかけながら仕事をしていたら、バッキングで弾くピアノのトリルの音の粒立ちに、おおっ!とのけ反りましたね。デジタルアキュライザーを繋ぐと、こういう音の揺らぎというかトレモロというか、微妙な音の反復がフレージングにとってとても重要なのだが、これがバッチリ出て来てうーん素晴らしいなあと感動した次第です(^^;

 スイングダンスのシムシャム振り付けを覚えるために聴き出したジミー・ランスフォードのオーケストラ。こんなのをスピーカーの前にじっと座って鑑賞してる人がどのくらいいるんだろうか。ジャズといっても1935年録音でその名も「For Dancers Only」というCDがある。わたしじゃなくてこっちのジミーさんはバンドリーダーでアルトサックス奏者なのだが、アルトの力量よりもバンドの元気ハツラツ感が楽しい。


« 道具が優秀だとそれだけで嬉しい | メイン | 髪結い屋Dannaの女亭主 »