ビューティーじゃないワールド

本日は大阪南港コスモスクエアでビューティーワールドという理美容業界の見本市みたいなイベント。そのなかで、神戸のメリケンバーバーショップとミスターブラザーズのカットショーがあったので観てきた。休みだというのに我ながら勉強熱心だなあw
メリケンもブラザーズも、それぞれのスタイルを持つバーバーだが、どちらもワルな不良イメージを内包する。そう、今盛り上がりを見せているバーバーブームは不良、アウト、ワルなところが肝心。さわやかで清潔、クリーンなイメージの床屋と一線を画す。ここがポイントなのだ。
JimmyJazzも黒人のワルでかつエレガント&ダンディーな不良スタイルってところでなんとか無理矢理かすってる?(^^;

またいっぱい写真を撮って皆さんに見てもらおうと思ったのに、なんと撮影禁止だというアナウンス。SNSで即拡散が常識なのにいまどき撮影禁止とは! 理美容業界、まだまだ遅れてるよなー。


« 時限爆弾 | メイン | 恥を晒して上達する »