ウケなくたってカッコよければ万事オーケー

 昨夜は梅田EST-1のMO’JA FRIDAYに行ってきた。いつも月一カットに来てくれるRYOさんがDJなのだ。あいにくの雨模様で、ドアを開けるとマハラジャ的なディスコナンバーがかかっている。客もいつもと比べて少なめ。するとRYOさん、わたしに気を遣ってかホレス・シルバーのギンギンのやつをかけてくれた。アナログで大音量のホレス・シルバーを聴けば誰だってもうノリノリ!!とはいかず、盛り上がってるのは男性陣数名だけ(^^;

 しかし、かける音楽でこれほどまでに雰囲気が変わるんだなー。いつもトゥーマッチな感じがするRYOさんのダークスーツも4ビートをかけたらメチャしっくりくる。イエー!RYOさんかっこいいぜ!!
 「あかん、全然ウケません」と後でおっしゃってたけれど、そんなことない、最高だった!

 かねてからジャズには見える世界を変えてしまう不思議なパワーが宿ってると主張するわたしだが、あらためてその効能に感心した。かっこいいかどうかが肝心で、ウケなくたっていいんです!それじゃあ食っていけないじゃないかって。
 でもジャズって、そーゆーもんだろ?


« 大逆転時代 | メイン | 時限爆弾 »