ジャズ喫茶ちぐさ探訪

 せっかくジャズの街・横浜まで来たのだから、昭和8年創業の老舗ジャズ喫茶「ちぐさ」に寄ってみた。初代オーナーはすでに他界して、一旦閉店したもののボランティアスタッフの協力で復活して現在も営業中。
 店に入ると、おお、満員ではないか。ジャズ喫茶ってこんなに入るものなのか。隅の席に案内されてコーヒーを注文した。スタッフはエプロンをつけた壮年男性が三人。ホレス・シルバーの『Six Peaces of Silver』が巨大なスピーカーから流れている。

 コーヒーが運ばれてきた。水はない。「ストレート・ノー・チェーサー」で飲めということなのか(^^;
雑味のない丁寧に淹れたコーヒーを飲み干すと、レコードは『バド・パウエル・イン・パリ』に変わった。肝心の音質だが、かなり大きいボリュームなのにぜんぜんうるさくない。私語厳禁の貼り紙もなく、会話しているカップルもいたほど。「ハウ・ハイ・ザ・ムーン」に続いて「ディア・オールド・ストックホルム」が終わる頃が潮時だ。お会計をして一応名刺を渡しておいたが、どなたが責任者なのかわからない。ジャズ喫茶というより、ジャズ資料博物館でコーヒーを出してもらったような気分になった。


« Swingin Barbering Jamboree | メイン | アモーレ&ルル »