帽子と髪型

 しかし帽子を被るから髪型なんてどうでもいいかというとそうでもない。帽子からはみ出る襟足やもみあげがキチッとフェードに刈り込まれていると帽子姿もよく映える。それに、帽子を脱いだ時のことを考えると、クラシックなオールバックやセンターパートあるいは7:3に撫で付けたスタイルだと、帽子を被ってもセットが崩れにくいからオススメだ。ジュリーのような長髪もいいけれど、長時間被っていると帽子の型が髪について、脱いだ時に悲惨な状態になる。行ったきりなら幸せになるがいいけれど、戻る気になってもなかなか戻らないのが日本人の髪質だ(^^;

 そして帽子がポマードや汗で汚れないか、この季節は心配になるけれど、最近の海外製ポマードは時間が経つと乾いてベタベタしないので、よほどの汗かきでなければ大丈夫。思ったほどには汚れないものだ。
 昨日は帽子とヒゲがかっこよければ顔つきなんてどうでもいいと書いたけれど、言い換えると髪型とヒゲがかっこよければ、顔つきもかなりカバーできるということだ。それに眉の形だって重要だ。いかにかっこよく持っていくか、理容師の腕が問われるところであるなー。


« ハットマイスター | メイン | Jimmyさんの竜宮城 »