いつまでも若いつもり

いつまでも若いつもり…なわけじゃなくて、月日の経つスピードがどんどんはやくなってくるから、気がついたら歳をとっていた、というのが実感だ。同世代と思って話しかけたらじつは一回り年下だったり、テレビに映ってる素人のおじいさんが自分より年下でショックをうけたり。側から見れば自分もあんなふうにおじいさんに見えるのかと思うと愕然とする。服装もTシャツに短パンなんか安直に着てると、ほんとにそこらを徘徊する老人みたいなので、できるだけきちんとした格好で。当面の課題は年寄りに見えるねこ背の克服だ。


« 8月最後の定休日 | メイン | ハットマイスター »