迷走する専門店

実際に街に出て消費活動してみればわかるのだが、カレー専門店に行くのはカレーを食べたいからであって、ラーメンを食べたいならラーメン専門店か中華料理の店に行く。カレー屋さんでラーメンが食べたいとはあまり思わないものである。それが一日中店に籠もっている店主は、ついカレーばかりじゃ飽きられるのではないかと考えてラーメンとか焼魚定食とかをメニューに加えてしまう。自分の店だけで世界が完結していると思うからそういう迷走が始まるのである(^^;

これは今年最大の気づきかもしれない。当店に来るのはジャズが流れているからで、ブラジル音楽でも映画音楽でもロックでもなく、ジャズが聴きたくて散髪に来ているのだ。それがわからず、ジャズばかりじゃ飽きるだろうと余計な気をつかってジャズ以外のBGMをかける。それはカレー屋さんのお客にラーメンを出すのと同じだ。なんで迷走するのかやっとわかった。


« アンチエージングエイジング | メイン | ヒルズに住むぞと言ってやれ! »