シンデレラのバスケットシューズ

 昨夜、高一の娘がインドネシアから一週間の旅を終えて帰国した。大阪市から選抜された高校生数人と現地の高校生たちとの国際交流が目的で、向こうではえらく歓迎され、みんなから一緒に写真を撮ってくれと言われ、モテモテでアイドル並みの待遇だったという。
 現地の娘とはWiFi環境のあるホテルからLINEで報告を受けていたが、最終日に彼女のことを気に入った現地の男子学生の一人から、バスケットシューズを贈られたというのだ。

 LINEで送ってきた画像を見ると、ディアドラ、イタリア製の高級品だ。ググってみると2万円くらいするみたい。インドネシアとの経済格差がどのくらいかよく知らないけれど、2万円が1ヶ月ぶんの給料だったり一年ぶんの給料だったり…、ってやつじゃないのか?そんなのもらって大丈夫なのか?!もしかしてどこかからかっぱらってきた盗品じゃないのか!?( ̄▽ ̄;

 日本にいる我が家はてんやわんやであるが、次の日にはインドネシアを発つからシューズを返しに行くこともできないし、かといって空港に捨てて行くのももったいない。結局持ち帰った娘に詳しく話を聞くと、シューズをくれた生徒のいるのは結構裕福な子供が通うような私立校なので、盗品ではなさそうだが、それでも高価なものにはかわりない。おまけにサイズが大きくて娘には履けないというから困ったものだ。
 試しにわたしが履いてみるとサイズぴったり!もしシューズをくれた彼が想い溢れて日本までやって来て、ヒゲのおっさんが履いていたら怒るかなあ?(^^;


« 人の2倍遊ぶ | メイン | 老人の後姿 »