通信会社は明瞭会計にしてください

 昨日のカットショーの前に、母の携帯電話が壊れてメールの送受信ができないとかで、機種変更のためドコモショップへ朝10時に行ったのだが、すでに2時間待ちと言われ、順番を取ってもらっていったん帰宅。12時前にもう一度母と家内と三人でドコモへ行った。すぐに担当の人が案内してくれたので早く終わるかと思ったら、これからが長かった!ちんたらちんたらやって、いつまでたっても終わらない。昼食もまだだし、2時にはカットショーへ向かわなくてはいけないのに!家内に後を頼んで、わたしだけ2時前に帰宅、パンを咥えて心斎橋のタカラベルモントショールームへと出かけた。

 帰宅して万事済んだかと家内に訊くと、なんと午後4時までかかったという。一人の客の機種変更に何時間かかっとんねん!( ̄▽ ̄;
 携帯電話とプロバイダーの説明は、何回聞いてもよくわからない。料金体系がどうなっていて、一体ひと月いくら払えばいいのかゴニョゴニョ言うだけで全く不明である。もっとパシッ!!と「6,000円ポッキリ!」とかはっきり明瞭会計にならんのか?!
 もうこの際多少は高くなっても構わんからパッと行ってサッと売ってくれ!たかが携帯電話一台持つのに朝10時から夕方4時まで6時間というのはあまりにも効率が悪すぎる。時間の無駄である。スティーブ・ジョブズがiPhone買いに客で行ったら怒鳴り散らされるぞ!(^^;

 なんとか割引だのパックだので安くなるのかと思わせて、何ヶ月かしたら自動的に引き落とし料金がパーンと跳ね上がったり、こういう消費者に理解しにくい販売法はもうやめてもらいたいものだ。


« 黒船上陸 | メイン | 新エアコン稼動中 »