黒船上陸

本日はロバート・デ・ニーロを顧客に持つブルックリンのバーバー、ルドロー・ブラントのオーナーによるカットショーを観てきた。この8月に代官山にオープンするそうで、メニューを見るとかなりの高級サロンのよう。インテリアも技術もラグジュアリー路線。東京ならアリかもしれないが、イラチの大阪府民には受けないかもしれないなー(^^;
オーナーのラッセル・マンレー氏が「いいシャツだ」とわたしの着てるラルフ・ローレンのアロハを褒めてくれた。なんでもニューヨークの店の隣がラルフ・ローレンだそうな。さあいよいよ黒船の日本上陸だ。


« 開かれたドアをゆけ | メイン | 通信会社は明瞭会計にしてください »