オーディオの愉しみ

このアンプ使えるか?と、父が指差す30年前に実家の理容室で使っていたAVアンプ、一応サラウンド仕様だが「ドルビーサラウンド」というやつだ。これで映画を観るという。スピーカーを結線して電源を入れると、おお!映った!違うやろ、音が出た!親父のこの嬉しそうな顔!

旧式でも、ぼけた音でも、スピーカーが一本でも、音が出ただけでこの喜びよう。オーディオの愉しみって、元々こういうことなんじゃないのかと反省(^^;


« あちらを立てれば音立たず | メイン | 開かれたドアをゆけ »