JimmyJazz最後のエアコン

 昨日は店のエアコンの取り換え工事だった。2年前の夏の盛りにエアコンが止まって、それ以降だましだまし使ってきたけれど、今年になってまた挙動不審になってきたから思い切ってエアコンを新調することにした。開業以来エアコンはこれで3代目である。

 当店のエアコンは1988年のオープン当時にはまだ珍しかった「むき出し設置」で、本来天井の中に埋め込まれるタイプのエアコン本体を外に見えるよう吊り下げてある。
 1台目のはまだ黒い吹き出しパネルが発売されておらず、ベージュのパネルを店の外でつや消し黒にスプレー塗装した。

 初代エアコンは内部がグレーの円筒形をしていて見るからに迫力があった。2台目はブラックパネルは発売されていたが内部が四角くなって、初代ほどはカッコよくなかった。で、今回取り付けた3台目エアコンもブラックパネルで内部は四角で、アルミむき出しの色をしている。このアルミ色は浮いてしまうかと少し心配だったが、つけてみるとそれほど違和感もなく、このまま行くことにした。

 初代エアコンが壊れたのはたしか2000年ごろではなかったか。11年ほどで交換、2代目が17年で交換、今度のは果たして何年持つだろうか。大きな買い物なので、たとえばまた17年後に壊れたとして、そのときまた新しいのに交換する気力と体力がわたしに残っているだろうか。これがJimmyJazz最後のエアコンになるかもしれないなぁと複雑な思いでアルミボディを眺めるのであった(^^;


« バーバーはカッコよくないと | メイン | リンディーホップの先生みーつけた! »