’80年代のレトロ趣味

 1970年代の日本は、大阪万博から始まって未来を示唆する、新しいもの、新しいことがどんどん拓けていくそんな予感がした。21世紀には部屋自体が上下するマンションができると思ってワクワクした。テレビ電話はスマホでできるようになったけど、空飛ぶ車や移動マンションはまだできてない。’70年代はなんでも新しいものが素晴らしい、”新しい時代”だったのだ。

 それが’80年代に入ると、古いものを見直そうという風潮が現れ出した。大正ロマンやレトロ趣味、ボンカレーや金鳥の古い看板、ブリキのおもちゃなど。古い映画や古い音楽、フィフティーズと呼ばれる’50年代ファッション、ミナミのアメリカ村には、大きなジェームス・ディーンとマリリン・モンローの看板が立てられた。とっくに死んでしまった彼らがセックスシンボルとして復活し、路上でツイストを踊るロックンロール族なんてのも登場した。
 古着屋なるものも出てきて、アメリカで買い付けた’50年代、’60年代の古着、リーバイスの初期のジーンズがすごい高値で取引され始める。

 男性の髪型もそれに応じてリーゼントスタイルが復活の兆しを見せるが、ソフトリーゼントとか呼んで、もみあげをバッサリ落としパーマをかけたようなちょっと軟派な感じのが多かったな。整髪料もポマードじゃなくDEP。DEPじゃ弱いんだよなあ整髪力がw
 ジョン・トラボルタとオリビア・ニュートンジョンの「グリース」や「アメリカン・グラフィティ」「グローイングアップ」とかのオールディーズ映画と一緒に、劇中で流れるような昔のポップスがリバイバルで流行した。わたしもコニー・フランシスの歌う「ボーイハント」が好きで、よく実家の店でかけたものだった。

 そういう懐古趣味とかレトロ趣味は’80年代に始まって、それ以前はなかったのだと書こうとしたら、なんだかどんどん出てきて長くなってしまった。JimmyJazzはオールディーズではなく、ジャズを掲げて1988年にオープンする。オープン記念の粗品は1989年度のジェームス・ディーンのカレンダーだった。


« 先生は25歳 | メイン | 露出狂の詩 »