あの人の音はモゴモゴ

 拍が裏返ると聞こえ方が違ってくる例として、8年前にも書いていたのがこちらのガラケーのシャッター音。”出てくる音は同じでも聞こえ方は同じと限らない”
 これは音楽でもなんでもなく、シャッターの機械音に続いておっさんの声で「撮ったのかよ」と入る、ただそれだけのことだが、よく聞くと機械音にシンコペーションするようにして「撮ぉーったのかよ」と言ってる。

 とっさにシンコペーションできない人がこの音を聞くと、おっさんの声ではなく、子供の声で「エイアイアイ」と聞こえるのだ。おっさんの声で「エイアイアイ」なら話はわかるが、どうして子供の声になってしまうのか。これが人によって聞こえ方が違うという現象だ。
 聞いてみればわかるが、「エイアイアイ」と「撮ったのかよ」は同時に聞き取ることができない。必ずどっちかに寄ってしまう。
 オーディオマニアが「あの人の音はモゴモゴ」と言って馬鹿にしてるのを耳にしたら、きっとこういう現象が起きているのだろう。ではまた三年後くらいに(^^;


« 裏表のない人 | メイン | 8月21(月)、22(火)、23(水) 三日間夏期休暇をいただきます »