ジャズイタリアーノ

 ”夜の営業活動”の甲斐あって、名刺を渡した方、知り合いになった方など、ジャズつながりで新規客獲得の成果が出てきつつある。そら何の関係もない人よりジャズの好きな人の方が来てくれる確率は高いから、もっと早くやっておけばよかったのだ(^^;

 実際にJimmyJazzを見たことがない人に、ジャズの聴ける理容室をやってますと言っても理解しがたいから、看板となるのは名刺とわたしの発する雰囲気。これだけで当店の世界観を伝えなくてはいけないのだ。一人出張JimmyJazzみたいなもんであるw
 それで、いかにもダンスを踊りそうなイタリー製の黒いシャツを買った。お前はジョージ・クルーニーかい!?って感じでちょっと恥ずかしい。でもカッコいい。これを嫌味なく着こなすには修行が必要だなー( ̄▽ ̄;


« 囁く声 | メイン | 裏表のない人 »