制服フェチ

 ヘビメタやパンク、ロカビリー、レゲエ、ヒップホップその他いろいろ音楽のジャンルがあり、それらのライブ会場周辺には、ヘビメタなら長髪に革ジャンにロンドンブーツとか、ロカビリーならリーゼントにラバーソールとか、一目見てああヘビメタの集まりがあるんだなとわかるけれど、なぜかジャズとなるとファッションまで浸透せず、どういったジャンルの集まりなのか見た目では判別しにくい。わたしのように意識してジャズジャズした格好をしてる人はほとんど見かけないのだ。もっとジャズファッションみたいなジャンルが立ち上がって来たら面白いのに。

 それで、ジャズがファッションとして流行らないわけをぼんやり考えていたら、一つ思いついた。ロックは高校生が聴く音楽で、ジャズは大学生が聴く音楽というのがその仮説。
 ジャズばっかり聴いてる高校生がいたって構わないけど、あまり可愛げがない。やはり暇を持て余してる大学生でないと、わけのわからんフリージャズを眉間に皺寄せて一時間も二時間も聴くことはできないだろうというのが「ロック=高校生」「ジャズ=大学生」の公式。

 高校生には厳しい校則というものがあって、指定された制服を着ることが義務付けられている。反体制派の生徒はその網の目をかいくぐって違反の制服を誂えたり、腰パンで着崩したりと様々な校則破りの方法で自己を主張するが、なんだかんだ言っても制服とかお揃いのユニフォームとかが好きになっちゃうのであるw
 ロック好きの高校生は、卒業してライブへ行く時もやっぱり揃えて行こうぜ!みたいになってしまうのではないか(^^;

 大学で制服着る人はほとんどいないから、服装は自由であり、行動もかなり自由。そうなると「音楽を聴くならこの格好で」みたいなこだわりが生まれないのだろう。どうですか?この説は!?
 わたしは見ての通りの制服フェチだけどね( ̄▽ ̄;


« イケてるアイツはバーバーに行ってる | メイン | オリジナルキャップ再入荷 »