ロンドン経由のジャズ

 ジャズで踊るブームがアメリカ本国ではなくイギリスから起きてきたというのも面白い現象だが、イギリス人のフィルターを通したジャズやR&Bなどの黒人音楽は、日本人の我々が聴いてもとても魅力的に響く。それらはビートルズやローリング・ストーンズといったブリティッシュロック、エリック・クラプトン、ジェフ・ベックらのロックギタリストに多大な影響を与えた。

 アメリカでジャズを演奏する黒人は、ただの黒んぼ、ニガーとして認知されて差別の対象だったのが、音楽が海を超えてヨーロッパに渡ると、偉大な音楽家達の芸術として迎えられる。
 階級のない自由の国、カウボーイとかゴールドラッシュとかジーンズとか、とにかく同じ英語を話しているのに何もかも違うアメリカに、イギリスの若者はどんな憧れを抱いたのだろう。

 ジミ・ヘンドリックスはイギリスに渡り、逆輸入の形でアメリカに凱旋した。マイルス・デイヴィスはアメリカ国内のジャズギタリストではなく、イギリスの白人ジョン・マクラフリンをバンドに迎え入れる。一旦ヨーロッパを経由したアメリカ音楽は、あたかも発酵させたような不思議な魅力を放つのだ。


« ジャズ映画とダンス | メイン | 異常気象におののく人々 »