デム・タンバリンズ

 ドン・ウィルカーソンの「デム・タンバリンズ」をかけていて、そういやこのレコードって昔イギリスのディスコで高値で取引されてたって「完全ブルーノートブック」に書いてあったっけと、調べてみたらあったあった。「レコードなら50,000円前後、ダビングしたカセットテープでも5,000円前後で取引されてる…」今ならYouTubeでもCDーRでも簡単にコピーして手に入るのに。この本が出た当時1987年はロンドンでジャズディスコブームが巻き起こっていて、DJは”必殺技”としてこのレコードを何としても手に入れたかったのだろう。
 でも冷静に聴いてみたら、5万円も出すほどの演奏かどうかは疑問である(^^;


« BLUEなMOMENTを観てきた | メイン | ジャズ映画とダンス »