よりよいサービスを

【お知らせ】明日6/11(日)は三重県松阪でバーバーイベント参加のため18:00閉店とさせていただきます。

「よりよいサービスを提供するために、2017年6月でスタンプカードサービスを終了します」
そう宣言したはいいが、具体的にどのようなよりよいサービスを提供していくのか。ものを差し上げるより、タオルが少しフワフワになるとか、数千円の刈布が数万円のクロスに変わるとか、高級な化粧品を使うとか、Masterの蝶ネクタイが派手になるとか?(^^;
 やはり普段仕事で使っている材料や道具を良いものにして、全員にサービスする方が不公平にならなくていいのではないか。

 静岡のNatural Styleというバーバーでは、店内の床タイルを市松模様に張り替えたが、お客様はほとんど気づかないとおっしゃってるのを見かけた。あるなぁ。うちでもよく店内の模様替えはするけれど、お客様は意外とそういったところには関心がなく、自分の髪型や施術が快適で滞りなく行われることが一番の関心事なのである。
 実家の手伝いをしてた時には、店を丸ごと改装しても全く気づかなかったお客様もいたほどだ(^^;

 そういうことはスルーしても、自分に対するサービスがどうかということにお客様は驚くほど敏感なのだ。したがって、お客様が直接感じられ、五感に訴える部分をグレードアップまたは強化するのがいいと思う。

 たとえば先日購入したのがこのベイラムスプレーヤー。アフターシェーブローションをバヒュバヒュと噴霧するためのもので、よく海外のアニメ「トムとジェリー」なんかで香水をふりかけるときに、血圧計についてるようなゴムでできたポンプをブシュブシュとやってるけど、ああいう感じで顔にアフターシェーブをふりかける。アルコール入りのローションは、手にとってそのまま肌に叩き込むとしみるので、一旦霧状に気化させて顔にかけるのだ。ほら、ちょっぴりお洒落じゃないですか?( ̄▽ ̄;


« スタンプカードサービスを終了しました | メイン | Barbers with Dirty Faces »