キャンディキャンディ

(※6/11(日)はバーバーイベント参加のため18:00閉店とさせていただきます)

 キャンディー・ダルファーの演奏を初めて耳にしたのは1999年だったと思う。mp3という規格が登場して、再生ソフトを入れてみたらサンプルとしてついていた音源がキャンディーの曲だったのだ。
 mp3でも音悪くないな、演奏もちょっと良いかも?と本心では思いつつ、こんなのジャズじゃねえよと18年前のわたしはキャンディーを黙殺した。何しろ美人でサックス吹けるなんてムカつくじゃないか。完全にブサイクで何も楽器ができない自分のヒガミである。

 今年になって、思い出したようにキャンディーの「サックス・ア・ゴー・ゴー」をかけてみたら、これが良いのである。続けざまに『Fuked Up!』もかけてみるともう最高なのである!
 ジャズだ、ジャズじゃないという議論は置いといて、これほどライブ感のある演奏を聴かせるミュージシャンって、そんなにいないと思う。

 キャンディーだって18年も経つと、見た目はさすがに歳をとったなあと感じさせるが、そこがいいのである。わたしも老いぼれてきたのでグッと親近感がわく。
 ノリノリでキャンディーの曲をかけていたら「もう少し落ち着いた曲にしてくれませんか」とお客様に言われてショボーン(´・ω・`)


« 短パン不可でお願いします | メイン | ジャズ&バーバー »