あの感動をもう一度

 あれほどCDのこと(音質)を嫌ってたわたしだが、もうアナログよりもデジタルで聴いている年数の方が長くなってしまった。振り返って考えてみたら、CDの音で聴いて感動したアルバムの方がレコードよりも多いかもしれない。
 そもそも音楽を聴いて感動するときは、「これはレコードだから感動する」とか「CDだから感動しない」とか考えて感動するわけじゃなく、良い音楽はデジタルだろうとアナログだろうと、YouTubeだろうとiPodに入れてる圧縮音源だろうと、感動するときは感動するのである。

 感動してその後どうするか。その音源の入ったCDなりレコードを探して正式に聴いてみようという気になるか、入手できないでそのままで満足するかは人それぞれだろう。マニア魂で気の済むようにされたらいい。
 だが肝心の最初に感動した体験というのは、いくらオリジナル盤を探してきてもそうやすやすとは手に入らない。あの感動をもう一度とはいかないのである。
 何が言いたいかというと、音楽は二度と同じ音で鳴らすことができない。全く同じ感動は二度とやってこない。そういうものなんだ。
 


« 梅雨はボサノヴァの季節 | メイン | 自分を高く売り込め »