何もできない贅沢

ダンスなんか習ってどうするつもりなのか。いずれステージに立ってスポットライトを浴びたいという妄想もなくはないが、純粋に習ってみたい気持ちが大きい。それで店のヒマな時間に音楽に合わせて踊るのだ。楽しそうじゃないか。しかしこれがいつまでたってもサマにならない。楽器をはじめて手にしたときのような不自由さ。思うようにカットできないようなもどかしさ、だけどその自由にならない感覚を楽しんでる。何もできないなんて贅沢なことじゃないか。


« ウラオモテのある人 | メイン | バーバースタイルコネクション »