カッコつけなくてもカッコいい

 わたしがカッコつけないとただのおっさんなだけだが、世の中にはカッコつけなくてもカッコいい人がいるから悔しいものだ。そう、このあいだMOJAでジャズ仲間と一緒に集合写真を撮ってもらった。帰ってじっくり見てみたら、わたしは頑張ってお洒落してます感が出ているけれど、他のみんなは全く自然体で、カッコつけるわけでもなくリラックスしてポーズを取って写真に収まっている。これがみなさん実にカッコいいのである。

 いちばんお洒落してる自分がいちばんパッとしないこのパラドクス。場にそぐわないのと、みんなが写真に写り慣れてるせいかと思ってたが、そうではないと今わかった!みなさん品がいいのである。カッコいいのはやはり育ちがいいからで、きっと教育にかけてもらったコストがわたしなんかとは桁が違うのだろう。後から少々服にお金かけたって、そら手遅れってもんだ。
 自分に投資したぶんはどこかで結果となって現れてくるし、もったいないからといってケチったぶんはそれだけ人格が貧相になってに投影される。ケチな男がモテない理由がようやくわかった(^^;


« カイゼル髭の男 | メイン | 白いスニーカーの頃 »