あらゆるジャズ的なもの

ダンスを習うと言い出したり、ド派手なお姉さんと写真を撮ったり最近のmasterは一体どうしちゃったんだろうと心配されてるかもしれない。だが元々ういう人間だったのが顕在化しただけである。どれも全くジャズと関係なくはない。不良ぽくてクラシックでエレガントなスタイルが大好きで、だからジャズも好きになったのだ。あらゆるジャズ的なものに興味があるのは当然のこと。とは言えこれほど好みのものがピンポイントで見つかるなんて数年前までは想像も出来なかった。これでジャズとバーバーをうまく繋げることが出来たらいいな。ロカビリーやヒップホップなんかよりずっと親和性があると思うけどなぁ。


« 永遠の学生 | メイン | JimmyJazz post 創刊70号 »