JimmyJazzオリジナル野球帽

ジャズの聴ける理容室 JimmyJazzさん(@jimmyjazz4343)がシェアした投稿 -

オリジナルTシャツに続いて、オリジナルキャップ&ハットも作ってみた。最初はイマドキのツバがまっすぐでシールの貼ってあるニューエラみたいな野球帽にするつもりだったのが、やっぱり自分の被りたい帽子を作ろうと思い直して、コットンのシックスパネルで被りが浅くツバの長い、ベーブルースが被ってそうな古くさいデザインのものに決めた。刺繍は正面に4センチの大きさで、巨人や阪神のマークよりふたまわりほど小ぶりに。大きくバーン!と入れても、こんなに控えめに入れても刺繍の値段は同じである。どうせなら目立つように限界まで大きく刺繍があるほうが得した気分だが、あえて小さく控えめに。あまりにも控えめなので制作を依頼した8ballのマサさんが出来上がりを見て「原稿より文字が細いんじゃないかと刺繍屋に確認したが、測ってみたら同じでした」と言ってきた。ひょっとして実物がカッコ悪いのかと心配したけど、届いてみたらバッチリ思った通りの出来栄え。新品なのにクタクタッとしてるのがいい。こうしてヒョイと壁に引っ掛けておくだけでなかなか絵になるでしょう。自動車整備士の作業ツナギのポケットに丸めてねじ込むのが理想。労働者がマリア像の前で祈るときには頭から取るなりクシャクシャと丸めて手に持つのである。存分にツバを折り曲げてお使い下さい。


« 大人げない人たち | メイン | ビギン・ザ・ビギン »