ずっとイケてるなんてアリエナイザー

 バーバーブームが盛り上がっている中に、実は美容師さんも多数入り込んでいて、バーバーかと思ったら美容室だったなんてパターンも結構ある。別に騙そうとしてやってるんじゃないだろうし、わたしの知る限りそういう美容師さんは理容師に対して十分な敬意を払ってくれているから、バーバーを名乗っても不愉快に感じたりはしない。もっともお客さんにとってはバーバーだろうと美容室だろうと快適でカッコよくしてくれるならどっちでもいいはずだ。

 わたしのように三代続いた理容店で、生まれながらに「おいこら散髪屋!」と職業差別を受け、ダサいダサいと言われながらも後を継ぎ、散々悔しい思いをしてようやく脚光を浴びる機会が巡ってきたのである。
 それなのに、カリスマ美容師ブームの頃に美容師さんになって素敵だわともてはやされて、バーバーブームになってまたカッコいいともてはやされるなんて、ちょっとちょっと不公平でないかい(^^;


« 片想い | メイン | スピーカー長持ち »