オーディオの近道

ソニー・ロリンズの『サキソフォン・コロッサス』やキャノンボール・アダレイの『サムシン・エルス』みたいなジャズジャズしたジャズらしいジャズは、オーディオ再生も比較的楽で、JBLやアルテックのスピーカーで雰囲気たっぷりに鳴る。

鳴らしにくいのはジャンルが微妙な音楽、たとえばピアソラとか、ジャズでもジャンゴ・ラインハルトとか、電化マイルスとか、これってジャズなの?と思うようなスタイル。ど真ん中じゃなくて外角低めの変化球をジャストミートできるようになるには、ちょっと経験を積まないといけない。

これはお金をかければ済むという問題でなく、やはり経験がモノを言う。わたしも昔、「このCD、鳴らすのが難しいんだよなあ」と、オーディオ専門店に持ち込んでかけてもらうと難なく鳴って拍子抜けしたことがある。オーディオに近道はたぶんない。


« 美女とツーショット | メイン | 判官びいき »