カッコよくできない仕事などない

どんな仕事でも、やりかた次第でオシャレでカッコよく働くことができるというのが持論である。床屋だってカッコよく仕事できるんだったら、カッコよくできない仕事なんてあろうはずがない。ただし、働き始めてすぐというわけにはいかない。最初から仕事ができる人なんて居ないから、訓練して仕事を覚えて、失敗したり恥をかいたり、怒られたりして経験を積み、ようやく人間が輝きを放つ。そのプロセスを経ずして、ほら俺ってカッコいいだろってのは、最低にダサい。


« スアベシートマットポマード新入荷 | メイン | 詩的な生活 »