Tシャツも売ってる理容室

 JimmyJazz30周年記念オリジナルTシャツがなかなかの人気で、30周年はまだ一年半も先だというのに今月中には売り切れそうな勢い(^^;

 当店のお客様が喜んで買っていかれるのを見ると、なんともありがたくって涙が出る。気に入ってくれたならもう本当はタダで配っても惜しくない。自分が通ってる床屋のTシャツなんて普通は欲しいと思わないだろう。「ここは俺の店だ」と、当店に通い続けていることを誇りに思ってないと、お金出してまで”JIMMY JAZZ”とプリントされたTシャツを買い、しかも着て外なんか歩けないものだ。

 今年は30周年記念事業として、こういったオリジナルグッズを展開して行こうと考えていて、その第一弾がオリジナルTシャツ。もう残りわずかになってきたから新作も鋭意製作中だ。毎回小ロットで発注し「買い逃したら次来たときにはもう同じのがない」という感じで希少価値を高めたい。何より「JimmyJazzでしか売ってない」というのがいいじゃないか。幸いにしてわたしの細かい注文やわがままをよく理解してくれる業者さんが見つかった。

 最初はまあTシャツを売ってるのが珍しかったり、30周年なら買ってやろうかと思って売れているのだと想像する。これをリピートにつなげるには、次に出たのを見て「おっ、これも欲しいな」と思わせるデザインの良さが要る。商品力のハードルを上げないといけないのだ。それに毎月マネキンのディスプレイが変わるのも、気分が変わってなかなかいいものである。


« シナトラのデュエット | メイン | JimmyJazzすごろく »