水漏れ修理77,680円也

 世の中には腹立たしいことや気に入らないことが多いけれども、いちいちそんなくだらないことに構ってないで、もっと立派なものや優れたものに目を向けよう。
 昨年からそういうスタンスに切り替えて、ずいぶん楽になったので今年も引き続きこれで行こうと思った矢先、またあの男が帰って来た!といってもわたしが電話で呼んだから来ただけの話。ボイラー修理の業者さんだ。またしてもボイラーの循環モーターから水漏れ。

 もう何遍も書いたので、説明するのも嫌になる。横の検索ボックスに「モーター」と入れて勝手に見てください。リンク貼る気力もないで。ほんまに(^^;
 2012年から5年間で何回修理しとんねん。2年ともった試しがない。で、今回は新型モーターに交換するのと、「逃し弁」がモーターがすぐ壊れる原因じゃないかということで交換。工賃消費税入れて77,680円也。

 モーターはどうでもええねん、水が漏れへんかったら。それだけのことに77,680円て。なんで当店だけこんな目に遭わなきゃならんのか。とほほ。


« オリジナリティ | メイン | バーバーTシャツ大流行の兆し »