時代遅れの理容師一家

「手のひらに澄んだ水をすくってお前の喉に流し込む〜」
ワイルドさが身の上の俳優・中村雅俊が「時代遅れの恋人たち」をリリースしたのは1978年。最近ひょんなことからこの歌を耳にして、そんな水飲んだらピロリ菌に感染してしまうやろ〜と思ってしまった(^^;

 昨年ピロリ菌陽性の診断をもらったわたしが、ドクターから「子供の頃に井戸水を飲みませんでしたか?」と訊かれた。ワイルドに憧れてたから井戸の水も飲んでみたかったけれど、チャンスがなくて一度も飲んだ記憶はない。だが昔、両親と弟、妹と家族旅行で黒部ダムに行ったとき、ダムの近くの川辺を歩いていてみんな喉が渇いていた。

 小川のせせらぎがきれいだったので、母が「この水を飲みましょう」と言って、空だった緑色の水筒のフタを外し、木の葉などのゴミが入らないようにして水をすくってわたしに手渡した。ワイルドに憧れていたわたしはそれを飲んだのだった!
 (飲んでから)近くで釣りをしていた地元の子供に、この水飲める?と母が訊いたら
「飲めん!」と即答したのを覚えている。

 中村雅俊が澄んだ水をすくって総理大臣になるのはまだこの数年先であるが、1970年代は、こんな水を飲んだくらいで腹痛をおこす奴は軟弱者とバカにされるような風潮があったのだ。
 こののち母は胃癌に罹り、幸いにして手術で根治に至るも、進路をどうするか迷っていたわたしが家業を継ぐと決めたのは母の病気と無関係ではなかった。
 わけのわからん水は飲むもんじゃないなw


« JimmyJazzの使命 | メイン | カイザーのものはカイザーに »