JimmyJazzの使命

ジャズの聴ける理容室 JimmyJazzさん(@jimmyjazz4343)が投稿した写真 -

 道路を挟んだ斜め向かいに西淀病院があるから、入院患者の方が時々散髪しに来られる。パジャマを着て頭ボサボサ、ヒゲぼうぼうだといかにも”病人さん”だけれども、調髪が終わるとパリッとしてもう病人には見えない。顔色が良くなって病気が治ったように見えることも多い。お客様に生きる活力を与える、これが理容室の真骨頂なのだ。

 病人とはいかないまでも、なんだか元気がなくてくたびれた中高年のオジサン。白髪だったり薄毛だったり、もうどうにもならんから適当にやっとくれとおっしゃるような人を、ハサミとバリカンとカミソリを武器に、隙あらばまるでハリウッドスターかロックスターかと思うような仕上がりに…。そんなことできるわけないやろ!?いや、ひょっとしたらできるかもよ?
 オジサンをカッコよくするのがJimmJazzの使命なのであります。


« 静電気体質 | メイン | 時代遅れの理容師一家 »