イヤミな奴

 お正月にベトジャンを見つけて試着してみたら似合わなくて買うのをやめた話をチラッとしたけど、あの後そこにいた若者が同じジャンパーをパッと羽織ると見事に似合っていたので少しショックを受けた。ジャンパーの出来が悪いのではなく、もうそういう服が似合わない歳になっていたのだ(^^;
 ああいうアメカジみたいなのは似合わないが、その代わりに上質な素材のジャケットやスーツ、バーバリーのチェックとかヴィトンのモノグラムとか、若い頃には「おっさん臭くて嫌だな」と思っていたものが似合うようになってきた。若い人に似合わないが、歳をとると似合う服というものがちゃんとあるのだ。というか、肌のつやがなくなったぶん服の素材でカバーしないといけないのかもね。

 昨年11月に入院して髭を剃らなかったのでそのまま伸ばすことにしたら、これが意外と似合うじゃないのと評判がいい。カッコいいと言われるのはお世辞とわかっていても気分がいいものだw
 三年前にもあご髭だけ伸ばしていた。これは誰にも何も言われなくて剃り落としたが、剃っても誰も何も言わなかった。やはり病気を乗り越えた男の渋みで髭が似合うようになったのだと言いたいが、たぶん髪をポマードでビシッと固めてるのが効いているのだろう。これで髭が引き立つのである。
 密かに目標としてるのが漫画「おそ松くん」に出てくる「イヤミ」。「シェーッ!」のポーズでおなじみフランスかぶれのキザな奴。これから写真撮られる時のために「シェーッ!」の練習しようっと( ̄▽ ̄;


« ベトナム・インプロビゼーション | メイン | 映画「マイルス・アヘッド」 »