ベトナム・インプロビゼーション

ジャズの聴ける理容室 JimmyJazzさん(@jimmyjazz4343)が投稿した写真 -

 明後日見に行くつもりの映画「マイルス・アヘッド」のチケットをネットで購入した。16:40からの一回上映。席も今のところガラガラみたいだが大丈夫なのか。まあ、当店もガラガラなので似たようなものか(^^;

 昨日『ベトナム・インプロビゼーション』をかけて、まるで温泉に浸かってるような妙なる音色に最高やなあと目を細めていたら、ベトナム人の若者が飛込みで入ってきた。

東洋人だが日本人でないのは一目でわかる。韓国人でもなさそうだから台湾人?ウェアユーフロム?オー、ベトナムですか!なるほど。
 どんなヘアーにカットプリーズ??とスタイル写真を見せるが、好みの髪型がないのか、自分のスマホを操作している。
「WiFiアリマスカ?」オフコース!と、店内に飛んでるWiFiのパスコードを書いたPOPを手渡す。ヘアスタイル写真を出してくるのかと思いきや、スマホの翻訳アプリで「あなたにお任せします」と音声が聞こえた。
 オーケーオーケー、ベストマッチおまかせアルネ〜。

 もともとが微妙な感じのツーブロックで、長さがあり、硬くて直毛。日本人にもよくある髪質。ここはビシッとWAHLで刈り上げてやりたいところだが、ハチが張ってて短くすると髪が立つようだ。しかも耳周りは窪んでいるから薄くすると貧相な火星人みたいになりかねない。トップは立たない程度に短く、7:3分けで襟元スッキリのビジネススタイルでいってみよう。

「アナタ何年ヤッテマスカ?」オー?マイキャリア?サーティーイヤーズ!(ほんとはもっとやってるけど)
「ホントデスカ?!ワタシ23サイデスヨ」(あなたの歳より長くやってるからって上手いとは限らないよ)
 難しい髪質に苦戦したが、なんとか形になった。仕上がってみたらなかなかのハンサムボーイではないか。

「ニカゲツマエニヒコシテキタ」(旅行客じゃないのか)ホワットジョブ?
「ケショウヒン」(きっとエリートなんだろうな)
「キノウモオトトイモ、ジミージャズキタケドクローズ」(正月だからね)
「キドーバーバーモニカイキタケドクローズ」(弟の店もチェックしてたのか)

 さあできた。ドリンクサービス!コーヒー?ティー?コーラ?ビア?
「フリー??」イエスイエス、オフコース!
「ジャアビールクダサイ」(ずっと彼は日本語なんですけどw)

 考えてみたら当店の表記は全て日本語だけなので、今後こういう外国のお客様が増えるなら英語表記も加えたほうがいいのかなあ。


« 終わらない正月 | メイン | イヤミな奴 »