夢を売る商売

バーバーイベントに顔を出すようになって、プロの女性を間近で見る機会が増えた。プロの女性といっても変な意味ではなく、ピンナップガールとかバーレスクダンサーとか、目が合うとニコッと微笑んでくれたりして、免疫がないのでついクラクラッとしてしまう。危ない危ない(^^;
素人の女性はこれができない。サービス精神が希薄なのと照れくさいのである。プロの女性は自分が夢を売るのが商売だという自覚があるから照れずにそれができる。

ジャズバンドの連中にも、見られてるというプロ意識のない人が多い。何も愛想を振りまけよと言うのではない。楽器を演奏する以外は格好も何も気を使わないなんてのはアマちゃんのレベル。照れずにプロ意識を持ってやれと言いたいのだ。

一昨日もバーバー関連のパーティーで、東京で今いちばん勢いのあるMr.Brothersの方々と知り合えたので、いっしょに写真をとカメラを向けると、今まで談笑していたのが急に眉間に皺を寄せて「ワルの顔」を作っている。さすが!役者やの〜。わたしもこうでなくてはいけないなw


« 海の見える理髪店 | メイン | 今年最後の休日 »