FADE OR DIE!!!

 昨晩は理容組合の勉強会に行ってきた。昔JimmyJazzで働いてた職人や、一緒に競技会で腕を競った懐かしい顔ぶれが集まっているが、みんな仕事がヒマだーヒマだーとぼやいて元気がない。腕は立つのになんとも厳しい世の中である。
 帰り際に、「フェードのお客さんが来たけど、よくわからんから断った」と聞き捨てならない立ち話が聞こえて来たので、ええっ?何事だろうと耳をダンボにしてその会話の中に割り込んで行った。

「フェードって刈り上げのことやろ?」そう、FADE IN,FADE OUTという言葉があるように刈り上げの色彩の階調表現のことである。
「こないだバーバーバトルの予選が名古屋であって、その動画観たけど、なんか刈り上げの色彩がなくて白黒はっきり分かれてたで」などとトンチンカンなことを言う。
 行った行った、バーバーバトル行ったがな!その通り、君が本気で刈り上げしたら、バーバーバトルの予選くらい余裕で優勝できるで!と、そのくらいの腕前なのに、悲しいかなFADEが何か、またそのFADEを取り巻くバーバーブームのカルチャーがどういうものかを全く理解してないのである。

 こんな地元の若者がFADEの注文をするほど浸透してきているのに、肝心の理容師や理容組合へ情報が入ってないというのは恐ろしいことだ。知ってるという優越感より、なんともいえない歯がゆさを感じる。だって、ここにいるみんな、わたしなんかよりずーっとずーっと刈り上げうまいやん!!勉強会に来るほど熱心で向上心もある。FADEだって感覚を掴めばあっという間にできてしまう筈だ。それなのに中途半端に美容師の真似してゆるふわヘアの勉強なんかしてる場合か!?逆に美容師さんの方が危機感を持ってバーバースタイルをマスターしようと理容の技術を研究してるというのに。理容師の誇りはどこへ行った?

 ヒマだとぼやいてる場合ではない。一念発起して理容師の鮮やかな刈り上げを見せてやるか、このまま座して死を待つのか。まさに時代は「FADE OR DIE!」なのである。


« ささやかなクリスマスプレゼント差し上げます | メイン | 今がチャンス »