都合によりしばらく休業します

11/5木曜日7時過ぎ、昨日はえらく忙しかったのに今日は全然だなぁ。まあちょっと寒気がするし、今日はそろそろ店じまいしてゆっくり休もうと思ったところへ、「今からできまっか?」とご近所のOさんが入っていらした。余裕で営業時間内。できますできます、さあさあどうぞとご案内してシャンプーをしたところで、頭がふらっとして血の気がサーッと引いていく感じが自分でもわかった。これはやばいぞ。

Oさんの頭にタオルを巻いたままで外の自販機でスポーツドリンクを買って喉に流し込んだが、症状が治まらず、便意もあったのでトイレでひとひねり(散髪中に失礼!)。これで楽になるんじゃないのと思ったらあまかった。Oさんの頭をタオルドライしているうちに視界が真っ白になり、額から指先にかけて冷たくなっていく、Oさん、すんません、ちょっと続行無理ですわ。

「ホンマや!顔色真っ白やで、ここ座れ、ここ座れ」と理容椅子に座らされ、「大丈夫かおい!おい!」とビンタをくれる。「救急車呼ぶか?」いくらなんでも救急車はたいそうでしょう。「ほな家の人誰か呼ぼ!電話番号、電話番号!」いや、そんな、ちょっと休めば大丈夫だから。「あかんて!ほら電話番号言え!」あー、066XX−XXX…。「ああ奥さんでっか?おたくのご主人が倒れはって、ええ、ご主人がお店で。ちょっと来ておくんなはれ」(つづく)


« オリジナリティ | メイン | なぜ夜間の病院の待合は暗いのか »