アリエナイザー(仮)最終テスト

 SATAリベラメンテの発表に続き、開発中だったパソコン専用インシュレーター”アリエナイザー(仮)”の最終テスト版を本日聴かせてもらった。アリエナイザーのサイズは約180x230(mm)。Mac miniやノートパソコンに敷くのに丁度いい大きさで、タワー型のパソコンだと全部は乗らなそうだが、アリエナイザーの中心のふくらみに重心がかかっていればよいとのことだ。
 前回試聴したときに、これはクラシックに寄せすぎではないかと意見を述べたところ、それならということで穴が二つ開けて持ってきた。もちろんただ穴を開けただけではないのだろうが(^^;

 前回感じた何か挟まったような違和感はなくJimmyJazzのシステムにスッと馴染んで、音が上品できめ細かく、そして芳醇でふくよかになる。敷くだけなんて、こんなのアリエナイザーーー!!( ̄▽ ̄;
 秋葉社長に何をしたんですかと尋ねても一切答えてくれない。ただ、この辺の調整は自由自在にできるみたいである。SATAリベラメンテと同時発売予定。名前決まるまでもうちょっと待ってね!!


« インフラノイズよりSATAリベラメンテ新発売 | メイン | アリエナイほど音が良い »