自信のないウォーリアーズ

親父が怒りっぽくなった。昨日もじつにつまらんことで怒っていた。よくそんなことで怒るなあと気の長いわたしなんか思っちゃうのであるが、ははぁ、そうか自信がないから怒るのだなと最近気がついた。人間は自信のない所に揺さぶりがかかると怒ってしまうものらしい。7年前にインフラノイズのUSBメモリに音楽ファイルを入れて再生すると音が良くなると言ったら、当ブログが大炎上した事件があったけど、あれもオーディオに関して確固たる自信がない人たちが怒ったんだろう。今でもUSBケーブルやらLANケーブルを売ってこれで音が良くなりますと言ってるが、これらは炎上することはなかった。

わたしはあまり怒らないと言うと、裏を返せば自信あるぞと言ってるようなものだな。まあ、怒りにくいけどそれほど自信はない(^^;
そんな気の長いわたしだが、パソコン関係のサポートセンターに電話するときは自分でも人格が変わったかと思うほど怒ったことが何度かある。こないだもキャノンのプリンタが白黒で両面印刷できないことでサポートの女の人に酷い罵声を浴びせてしまった。あんなに言うことなかったと反省したが、あれもパソコン関係の知識に自信がないせいである。あの音声も録音されてるんだろうなあ( ̄▽ ̄;


« 昭和は遠くなりにけり | メイン | マイ電柱の建て方 »