シェービングカップをヒゲブラシで洗うな!

ジャズの聴ける理容室 JimmyJazzさん(@jimmyjazz4343)が投稿した写真 -

 当たり前のことだが、お客様の髭剃りに使用するシェービングカップとヒゲブラシは一人ごとに洗って取り替える。だが洗うと言ってもブラシとカップには石鹸がたっぷり残っているから、水洗いのみで新たに洗剤を加えたりしない。そのとき、ついヒゲブラシでシェービングカップをゴシゴシやってしまうのだが、そういうことをしてはいけない。

 シェービングカップをヒゲブラシで洗うな!と言われて、最初意味がまったくわからなかった。皆さんもなんのことかよくわからないだろう。詳しく説明しよう。
 カップはセトモノなので洗っても擦り減ることはないが、カップをヒゲブラシで洗うとブラシの方が”ちびてくる”のだ。ヒゲブラシはお客様の髭剃りに使うものであってカップを洗ったりするものではない。実際にカップの方は千円程度のもので割らなければずっと使えるが、上質なヒゲブラシは数千円以上するし、使うごとに擦り減る消耗品なのである。お客様の顔で減るのはしょうがないけど、カップを洗って減らすのは実にもったいない(^^;

 だからヒゲブラシは指でやさしく洗うのが正解。カップも手で洗うか食器用スポンジやタワシなどで洗うが、お湯で洗うより水で洗う方がいい。お湯で洗うと次に使う時にカップに注いだ湯が熱すぎてアチチッとなる。まあこれは好みの問題だが( ̄▽ ̄;


« 現役バリバリ | メイン | 淀川イケてるストリート構想 »