理容師のハンドパワー伝授

一昨日の日曜の晩、美容師修行中の息子がガールフレンドのヘアカラーをすると言ってJimmyJazzにやって来た。かなりトレーニングを積んだようで、なかなか慣れた手つきでカラー剤を塗っていく。「枝毛が目立つ」と仕上がりを見て不満そうにしてるので、どれどれと見てみる。たしかに後れ毛が髪の表面でピンピンはねて美しく見えない。あのな、プロは髪を触るだけできれいになるんや。そう言いながら彼女の髪を手櫛で軽く梳いてみる。
「うわ!ホンマや!」
普段、「手櫛だけでこんなふうにまとまります」と言って商売しているから、あまり大きな声で言えないのだが、素人がドライヤーで乾かすのとプロの理容師が乾かすのでは全然違う。ハンドパワーってほどでもないけど、プロは髪を手で撫でるだけで美しく整える心得があるのだ。その秘密テクニックをこのブログを熱心に読んでる見習い理美容師諸君にこっそり教えよう。その方法とは、自分の部屋をいつもきれいに掃除すること。それができれば髪を撫でるだけで美しくできる。嘘だと思うならやってみな(笑)


« ハードパートとソフト剃り込み | メイン | 髪の毛から毒を出す »