ハードパートとソフト剃り込み

ジャズの聴ける理容室 JimmyJazzさん(@jimmyjazz4343)が投稿した写真 -

最近ショートのバーバースタイルの方にオススメしているのが、ハードパートと呼ばれる髪の分け目をカミソリで剃ってクッキリしたラインを入れるスタイル。剃ると言うと、たいていのお客様は引いてしまうが、やってみるとこれがじつにカッコイイ。他人が見たら七三分けなんだなと思う程度で、意外なほど剃っているとは気付かれない。すぐに生えてくるし(^^;
そしてもう一つこのスタイルにはポイントがある。額の生え際に沿わせずに前髪を切り、新たな生え際を設定してしまうのだ。これを仮にソフト剃り込みと呼ぶことする。このソフト剃り込みは剃るのではなくて短く刈る前髪のツーブロック、ダブルバングと言ってもいい。今では天然の剃り込みが入ってるわたしも学生の頃は富士額の生え際が嫌で、カミソリでM字に剃りを入れたものだった。ソフト剃り込みはそれが伸びてきた感じを人為的に切り込んでつくる。これによって前髪の流れを良くしたりシルエットをシャープにつくることができる。富士額の人や額の狭い人、髪が多くてまとまりにくい人にオススメのテクニックなのだ。


« 理容師にしかできないこと | メイン | 理容師のハンドパワー伝授 »