バリカン党

ジャズの聴ける理容室 JimmyJazzさん(@jimmyjazz4343)が投稿した写真 -

白状するが、ほんのつい最近までバリカンで刈り上げるよりもハサミを使って刈り上げるほうがキレイなグラデーションが出せると信じていた。機械よりハサミのほうが繊細な仕事ができると単純に思ってた。それがあるときネットで動画を見ていると、太った黒人のバーバーがバリカンだけを使ってアッと言う間に素晴らしく美しい刈り上げスタイルを完成させてしまったのだ!衝撃だった。こんな見事な刈り上げはわたしにはできない。しかもその黒人のおっさんは、バリカンを浮かせることなく境界線がキッチリ出るようにしていた。わたしは父にも、伯父にも、叔父にも、講習の先生にも、ありとあらゆる散髪の先生にバリカンを浮かせて境界線をぼかせと教わってきた。そのほうが後からハサミでぼかすのが楽だからだ。それが何?このキッチリ別れた境界線。これをまた中間の長さのバリカンでぼかしていくのだ。ハサミはいつ使うのか。そんなもの使わなーい!マイッタ!それ以来、わたしもバリカン党に入党した。繰り返すがつい最近の話である。


« 音楽をレコードで聴く贅沢 | メイン | しまちゃんのローストビーフ丼 »