きょうだいはいいものだ

 わたしの弟も実家の後を継いで理容師をしている。妹はその店の一角でネイルサロンをしていて、こうしてきょうだいで仲良く(?)仕事ができるなんて、本当にありがたいことだなと思う。わたしが三人きょうだいだったから、やはり三人の子持ちになった。二人でいいかな、なんて思っていたけれど、三人目もやはり可愛くて、子供が三人いない生活なんて考えられない。一人っ子で両親の愛を一身に受け、手塩にかけられ育つのもいいが、きょうだいがいるってのはそれにも増して素晴らしいものだ。

 子供のきょうだいを作るにはそもそも嫁さんをもらわなければできないわけで、結婚できるってことも、普段は当たり前だと思ってるけれどとてもありがたいことである。現代ではコンビニもあるから独身だって食べることにそう不自由しない。自分の買いたいものを買って、生きたいように生きるのを犠牲にしてまで結婚することもないと、そういう考えもあるけれど、やはり奥さんがいて子供がいるってことは、本当にいいものだ。やかましくて、家でジャズを聴くような洒落た生活も犠牲になるけどね(^^;
 そうやって、すべて自分の選択で人間関係を築いてきたみたいに見えるけど、本当は神の見えざる手によって導かれてきたのである。全くもって感謝、しかない。


« うまく黙らせろ | メイン | 周回遅れ »