うまく黙らせろ

 お客様との世間話は楽しいものだが、時には思い通りの髪型にならず技術に集中したい局面が出てくる。そういう、失礼ながらちょっとの間だけ黙っていて欲しい時には、ほんの少しだけマッキントッシュC34Vのボリュームを上げるか、もしくは景気のいい(やかましめ)の曲がかかるように選曲しておく。それで頭をチョキチョキされてると、ご機嫌で喋っていた人も気分を害することなく大人し〜くなる。これはBGMの音が良ければ良いほど効果てきめんである。
 もう一つ、音が良くなくても黙らせる方法があって、できるだけキレの悪いボワボワ、モコモコのこもったような録音のCDをちょっと大きめの音でかける。内容も前衛的で何をやってるかわかりにくいのがいい。こんなのをしばらく聞かされてると、脳が理解しようとする努力を放棄して眠りに落ちる。ただ難点は、刈ってるこちら側まで眠くなってしまうということだ(^^;


« 寂しい決断 | メイン | きょうだいはいいものだ »