カッコつけるなら中身もそれなりに

ジャズの聴ける理容室 JimmyJazzさん(@jimmyjazz4343)が投稿した写真 -

 理容師がダサいと思われていたのは、何も美容師さんや周りの環境のせいだけではない。やはり一般の人から見てダサい理容師ばかりだったからそう思われたのだ。違うか?
 腕が良い職人でも、給料を競馬やパチンコなどのギャンブルに突っ込んでみたり、営業中に居眠りしていたり、なんちゅーかインテリジェンスのかけらも感じさせないだらしない態度が理容業界全体のイメージを悪くしてきたのだ。

 ブログやSNSに書いてるちょっとした言葉の使い方で、物を知らないことがバレてしまう。だから理容師、美容師もそうだけど、普段から本を読むなりして、もう少し教養を身につけないと、ネット見てるだけじゃダメだぞ(^^;
 他府県ではどうだか知らないが、ここ大阪ではカッコだけ立派で中身がないのが一番カッコ悪いとされている。「なんや、カッコだけか」と嗤われるのが最大の屈辱なのだ。そうならないために今日も本のページをめくるが、どうにも眠くなって困るなあ( ̄▽ ̄;


« 床屋の虜 | メイン | 寂しい決断 »