床屋の虜

バーバーブームとか言って、理容師がカッコイイと持ち上げられるのは悪くない気分だけれども、床屋の息子として生まれ育った者としては、そんなに調子に乗って大丈夫かいなと心配になる。海外では、野外コンサートのステージの両脇にバーバーチェアを置いて客席を見下ろすようにして散髪してる様子がYoutubeにアップされてたりして、決してバカにするわけじゃないのだが、なんか笑っちゃうのである。すまん。だって、何もそんなところで散髪せんでもええやろ!と突っ込みたくなるのだw これは同じ床屋同士という意識があるから笑っちゃうのであって、もし他の職業の人が「ナニあれ?ダッセー!」とか言ってたら、同業者を貶されたことで怒るにちがいない。あと、よく海外のバーバーの人がサインポールとかバリカンのタトゥーを入れてるけれど、エエッ⁉︎サインポールやで、サインポール!そんなもん彫って大丈夫かいな?どんだけ散髪屋好きやねん!?と他人事ながら心配してしまうのである(^^; この職業に賭けるという気概は立派だと思うけれども、サインポールに電気バリカンって、床屋の息子としては嬉しいようなこそばゆいような、なんとも不思議でならないのですよ。


« 100円モニター | メイン | カッコつけるなら中身もそれなりに »