照れ臭い音楽

 テレビで「松本家の休日」を観ていたら、難波にある歌謡BAR「蓄音堂」が紹介されていた。カウンターにドーナツ盤レコードが約2千枚並んでおり、ドリンク一杯につき2曲のリクエストができるという。

 ああ、これいいなぁ。こんな仕組みでめちゃくちゃ良い音のオーディオで鳴らす店にしたら楽しいだろうなぁと思いながらしばらく観ていたが、う〜ん、やっぱりちょっと恥ずかしいなぁ、赤面してしまう。こういう懐メロは誰かと一緒に聴くのは照れ臭い。ヘッドホンで自分一人だけで楽しみたい。酒が入るとまた違うのかもしれんが、こういう世界はちょっとドロドロしすぎて苦手である。オーディオイベントでこういうのをウケねらいでかける人がたまにいるが、あれも恥ずかしいので勘弁してほしい。

 ジャズだって店でかけてて「これは少し恥ずかしいかな?」と思うレコードもある。それを恥ずかしくないように、一気に非現実的な「こちらの世界」へ引っ張り込むことができたら合格。それをするには、かける側のセンスも重要だがやはり良い音のオーディオ装置の力が必要なのである。


« ジャズは素敵な合言葉 | メイン | 降っても晴れてもJimmyJazz »